紀尾井町サロンホール主催「音楽大学生による木曜コンサート – Blooming 2022」にご出演いただく音楽大学生をご紹介する、Blooming Artist インタビューシリーズ。第1弾は8月18日ピアノ演奏家による公演にご出演いただく、嘉屋翔太さんにご登場いただきました。

1. ご自身と音楽との出会い、音楽を志すに至るお話をお聞かせ頂けますか?

ピアノとの出会いは2歳、ヤマハの幼児向け音楽教室に通ったのがきっかけです。先生の弾くピアノに興味を持ち、3歳からは個人指導を受け始めました。
ピアノから自分の音が出ることに純粋な喜びを感じ、いつしかピアニスト、そして音楽家を目指すようになりました。

2. 音楽大学に入学されてから、思い出深いエピソードなど心に残る出来事などおありでしたか?

有志で開催する試演会はいつも刺激的です。自分たちが今、その手で表現したい曲をお互いに見せ合う-僕が大学に入って一番実現したかった取り組みです。

3. ご自身にとって、ピアノはどんな存在ですか?

日常生活の枠から溢れ出た感情を表現するための最善の手段です。

4. 音楽だけではなく、プライベートも含めて、これからチャレンジしてみたいことはございますか?

最近は料理にハマっています!殆ど肉と野菜を炒めているだけですが…笑
スパイスの配分を考えるのは音楽を立ち上げる作業に通ずるものを感じます。

5. 最後にコンサートを心待ちにされていらっしゃるお客様に、当日のプログラムの聴きどころなど、メッセージをお願い致します。

サロンという空間を存分に活かしたプログラムを考えました。30分の演奏の中で寂静と興奮を同時に味わって頂ければ幸いです。

プロフィール

2000年生まれ。3歳半よりピアノを始める。開成中学・高等学校を経て東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス4年に特別特待奨学生として在学中。
第43回PTNAピアノコンペティションPre特級金賞をはじめ、多数の国内コンクールで入賞。
2021年、第10回フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ワイマール)にて最高位の第2位に入賞し、同時に聴衆賞、サン=サーンス最優秀解釈賞を受賞。
ソロでの演奏活動に留まらず室内楽や作編曲等にも精力的に取り組む。現在、菊地裕介、佐藤彦大、武田真理、野島稔の各氏に師事。2022年度ヤマハ音楽支援制度奨学生。

動画

コンサート情報

アーク紀尾井町サロンホール主催
音楽大学生による木曜コンサート
Blooming OP. 5 – PIANO

Piano 嘉屋翔太
Piano 三浦颯太
Piano 稲垣拓己
Piano 荒川浩毅

開場18:00 開演18:30

チケット 一般¥3,000 学生¥2,500 (税込・自由席)

チケットのご予約は紀尾井町サロンホールオンライン予約をご利用ください。

■Program

ベートーヴェン:ピアノソナタ第7番 ニ長調 作品10-3 / チャイコフスキー:18の小品より 第5番『瞑想曲』作品72
ベートーヴェン:ピアノソナタ17番 ニ短調 作品31-2 / ショパン:エチュード 作品10-10 変イ長調
リスト:超絶技巧練習曲 第10番 へ短調 S.139/10 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第22番 へ長調 作品54
シューベルト:ピアノソナタ第14番 D784 / ブラームス:間奏曲 作品119-1
リスト:ポロネーズ第2番 S.223-2 / ベートーヴェン: ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109 他

*チラシは画像をクリックすると拡大いたします

木曜コンサート – Blooming シリーズ

紀尾井町サロンホールではコロナ禍で大きな影響を受けている音楽シーンの状況に、少しでも未来に続く光を見いだせるような取り組みを模索しております。その中で、対面での実技レッスンが出来なくなったり、演奏をする機会も激減し思い描いていたような学生生活が送れずにいる音楽大学生の苦悩のお話をお聞きし、サロンホールとして学生の皆様に寄り添い、お客様の前で演奏をして頂く機会を作ることが、ささやかな一助となるのではと考えました。未来ある若き音楽家が花開く様を想いBlooming(ブルーミング)というタイトルを冠して、音楽に真摯に向き合う音楽大学生による、今だからこそ出来る演奏を多くのお客様にお聴き頂くことが出来ればと願っております。

第1弾 2022年  8月18日(木) ピアノ
第2弾 2022年12月22日(木) ストリングス
第3弾 2022年  2月16日 (木) 声楽

Blooming特設ページ

主催 アーク証券株式会社 ・ 紀尾井町サロンホール運営事務局(株式会社ミリウテラス)