Caja Mágica(魔法の箱) 早川純バンドネオン・ソロツアー final

9月から、全国をバイクで廻って実施してきたソロツアー全23公演。千秋楽となる東京公演。ゲストにヴァイオリニスト吉田篤を招いて。

「アルゼンチンタンゴの花形楽器」として認知されるバンドネオン。しかし、その楽器の魅力は、決してタンゴにとどまらない。「岸辺露伴は動かない」をはじめとして、様々なドラマ・映画音楽でその演奏を聴かせたバンドネオン奏者早川純が、独自のアレンジ、変化に富んだレパートリ、個性的なオリジナル作品などを通じて、「バンドネオン」の持つ可能性・魅力を最大限に伝えるソロコンサート・ツアー。アルゼンチンタンゴ好きはもちろん、そもそもバンドネオンって何?という方も是非一度足をお運びください。

2021年12月11日 土曜日
開場18:00 開演18:30
予約3000円 当日3500円

Bandoneon:早川純
Guest Violin:吉田篤

電話かメールでご予約いただけます。料金は当日受付でお支払いください。
050-5278-2460
tangoloco2014@gmail.com

早川純(バンドネオン)
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。ジェヌビリエ音楽院ジャズDEMを満場一致の一位で取得。様々なスタイル·編成のユニットを主宰し、精力的に活動を続けてきたが、2013年、ドイツのクリンゲンタールで行われた国際バンドネオン·コンクールでの入賞を機に渡仏。フアン·ホセ·モサリーニ氏にバンドネオンを師事した。同時にパリを拠点として、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開。2015年帰国。2018年よりバンドネオン·ソロで全国を巡るプロジェクトを開始し、2019年はヨーロッパ5都市を巡るツアーを果たし好評を博した。2020年バイクに目覚め、全国各地へバイクで音楽を届けるプロジェクトを構想している。現在は日本を拠点として、演奏家·作曲家として、バンドネオンとタンゴの可能性を独自のスタイルで追求している。愛車はSR500(1985)、MT-09(2021)

吉田篤(バイオリン)
山口県出身。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院室内楽科ヴィオラ専攻修了。現在、東京芸術大学管弦楽研究部非常勤講師。「芸大フィルハーモニア」、「東京シンフォニエッタ」、「カルテット・アーニマ」メンバー。また2000年よりタンゴヴァイオリニストとしての活動も始め、現在「小松真知子とタンゴクリスタル」、「Tango-Jack」、「オルケスタ・アウロラ」等、数多くのタンゴバンドのメンバーとして活躍中。

■お問い合わせ
NPO法人LOCO企画
050-5278-2460
tangoloco2014@gmail.com
https://www.hayakawajun.com

■チラシ(クリックで拡大)