4月の木曜コンサートに、テノールの大田翔さんとバリトンの田中俊太郎さんのユニット「SiriuS」が登場いたします。オペラやミュージカルの舞台で活躍しているお二人の歌声が紀尾井町サロンホールに響き渡ります。今回は40席限定のスペシャルなプログラムとなります。お見逃しなく!

SiriuS / S’Wonderful – 春の“音”連れ

2021.4.22 Thursday
OPEN 18:30 START 19:00

出演 テノール 大田翔、バリトン 田中俊太郎、ピアノ 圓谷俊貴

チケット 前売¥4,000 当日¥4,500 税込・全席自由 40席限定(追加10席決定)

<第1部>~オペラ、クラシック~
G.ヴェルディ:友情の二重唱 ~『ドン・カルロ』
L.ダッラ:カルーソー(大田翔ソロ)
S.ガスタルドン:禁じられた音楽(田中俊太郎ソロ)
春の歌メドレー
<第2部>
~SiriuSアルバムより~
ビー・マイ・ラヴ ~ニューオリンズの美女
私のお気に入り ~サウンド・オブ・ミュージック
上を向いて歩こう
Grace -愛はここに
星にスウィング
天国への階段 ~巴里のアメリカ人
※曲目・曲順は変更になる場合がございます。

チケットご予約開始 2021/3/26 午前10:00

追加席10席が決定しました!追加ご予約は2021/3/30 10:00より受付開始

紀尾井町サロンホールオンライン予約
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc6rigarmVl7y-AfwRzdCGUUdR56wQ51oFX3t-1I_6Gyh9y5A/viewform
*3/30 10:00に”SiriuS”が追加されます

自動返信のメールを持ってご予約完了となっております。お申込み時に定員に達していた場合は個別にご連絡差し上げます。

お問合せ 紀尾井町サロンホール 03-6272-4711(平日12:00-17:00) お問合せフォーム
主催 アーク証券株式会社 ・ 紀尾井町サロンホール運営事務局


プロフィール

SiriuS(シリウス)/ヴォーカル・デュオ
格調高いエッセンスとエンターテインメント性の両者を兼ね備えた新たなスター

共に東京藝術大学声楽科を卒業し、オペラやミュージカルの舞台で活躍しているテノール大田翔とバリトン田中俊太郎。ユニット名≪SiriuS≫は、全天で最も光を放つ恒星にして、シリウスAとシリウスBの二つの連星で構成される星の名を冠した。2020年2月デビューアルバム「MY FAVORITE THINGS」、12月2ndアルバム「星めぐりの歌」を日本コロムビアよりリリース。NHK「うたコン」、豊島区が展開する本格的なクラシック音楽を堪能できるプログラム「Tokyo Music Evening Yube」に定期的に出演する等、今後の活躍が期待される。2020年7月7日にサントリーホール(ブルーローズ)で開催したデビュー記念コンサートでは、ライブ配信も同時に行うハイブリッド公演を成功させ、満場の拍手の中、観客、視聴者を魅了。2021年1月に浦安音楽ホール主催「ニューイヤーコンサート」にてオペラ『カルメン』ハイライトにドン・ホセ(大田)、エスカミーリョ(田中)で出演、3月13日には東大和市民会館ハミングホール20周年記念公演ミュージカル『キャンディード』に表題役(大田)、パングロス(田中)で出演し、それぞれに存在感ある演技と音楽表現で評価を受ける。
オフィシャルHP https://siriusduo.jp/

大田 翔(テノール)Sho Ota, tenor
東京都出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。オペラでは『愛の妙薬』ネモリーノ、『椿姫』アルフレード、『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『蝶々夫人』ピンカートン等で出演。ミュージカルでは、『ピアフ』イヴ・モンタン(東宝)、『ウエストサイド物語』トニー(劇団四季)、『レ・ミゼラブル』(東宝)、『シークレット・ガーデン』(東宝)、『You’re a Good Man, Charlie Brown』シュローダー、『ホンク!』キャット、『ラ・テンペスタ』ファーディナンド、メニコンオリジナルミュージカル『あしたの瞳』『キミのために散る』では主演を務める。近年、舞台活動の他、宮城、熊本、宇和島などで、復興応援のソロコンサートを行っている。最近では、2021年1月成人の日コンサート『魔笛』タミーノを演じ、輝かしい美声で高い評価を得た。

田中俊太郎(バリトン)Shuntaro Tanaka, baritone
島根県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程独唱専攻、同博士後期課程修了。博士(音楽)の学位を取得。英国オールドバラ音楽祭においてイギリス歌曲のマスタークラスを受講。宗教曲ではJ.S.バッハ「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ」、ヘンデル「メサイア」、ヴェルディ「レクイエム」等でソリストを務める。オペラでは『愛の妙薬』ベルコーレ、『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、『椿姫』ジェルモン等を演じる。橋本國彦「三つの和讃」、江文也「生蕃四歌曲集」を藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演する等、日本の音楽作品の研究・演奏に取り組む。またミュージカル作品や《東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”イン・コンサート》等、エンターテインメントの舞台にも出演。2017年度三菱地所賞受賞。所属のコロムビアが舞台となったNHK連続ドラマ小説「エール」にオペラ歌手役で出演し話題となった。


圓谷 俊貴 Toshiki Tsumuraya (ピアノ)
福島県古殿町出身。チェンバリスト・ピアニストとして活躍する奇才の若手演奏家。東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻、同大学器楽科古楽チェンバロ専攻の両科を卒業。アンサンブル室町メンバー、オルケストル・アヴァン=ギャルド理事及び通奏低音奏者。また、ピアニスト、コレペティートルとしても評価が高く、様々な歌手や奏者がその共演者に指名。第88回日本音楽コンクール木下賞《共演》受賞。古楽アンサンブル『Promusica Legatus プロムジカ使節団』を主宰。